眼精疲労に効く薬として有名なのは、何といっても目薬です。 目薬に加え、ビタミン剤や内服薬を処方されることもあります。 市販の目薬でも、眼精疲労の症状を緩和することができるでしょう。 市販の目薬には様々な種類のものがありますが、大切なことは、自分の症状に合ったものを選ぶことです。 大抵の場合は、外箱に主にどのような症状に効く目薬なのかということが記載されています。 例えば、かすみ目や疲れ目、ドライアイといった症状が記載されているはずです。 それらを参考にして、購入するようにしてください。 また、薬剤師さんに症状を伝えると、オススメの目薬を教えてくれますので、相談してみるのも良いでしょう。 病院の場合は、サンコバ点眼液0.02%や、ソフティア点眼液0.02%などが処方されることが多いようです。 どちらも少し弱めの目薬ですが、目のピントの調節をしている筋肉の働きを改善する効果があります。 また、ドライアイの場合には、目に潤いを与えるヒアルロン酸ナトリウムを配合している目薬が処方されることが多いでしょう。